マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 米雇用統計(3月8日) 雇用増加ペースは鈍化=窪谷浩

    米国の雇用動向 (非農業部門雇用増と失業率)
    米国の雇用動向 (非農業部門雇用増と失業率)

     3月8日に米国で2月の雇用統計が発表される。米労働市場はこれまで経験したことのないような回復を示している。非農業部門雇用者数は2010年10月から統計開始以来最長となる100カ月連続で増加しているほか、失業率も一時3.7%とおよそ50年ぶりの水準に低下した。

     一方、労働市場の回復長期化に伴い、これまで熟練労働力の不足が問題となってきた製造業や建設業に加え、中小企業の欠員補充問題が深刻化するなど、労働力不足の業種や技能レベルは拡大している。このため、米労働市場は企業の採用意欲は強いものの、雇用増加余地は乏しくなっているとみられる。

     まず1月の雇用統計を確認すると、非農業部門雇用者数は前月比30.4万人増となり、市場予想の16.5万人増を大幅に上回った。

    残り685文字(全文1015文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事