マーケット・金融THE MARKET

NY市場 売られ過ぎからの反発は終了か=平秀昭

     米株式相場は昨年末からの反発局面が続いており、S&P500指数は昨年12月の安値から一時18%以上の上昇率を記録した。米連邦準備制度理事会(FRB)がハト派姿勢に大きく転換したことに加え、米中通商協議に対する楽観的な見方が強まったことが主な理由であるが、これらの材料は既に株式市場に織り込まれたと見られる。

     一方で、S&P500指数構成企業の1株当たり利益(EPS)見通しは切り下がりが続き、2019年1~3月期のEPS成長率は3年ぶりに前年比マイナスとなると予想されている。原油価格下落によるエネルギー関連セクターの減益に加え、大幅増益のけん引役となってきたITセクターも海外マクロの減速や米中貿易戦争の影響等から、アップルや半導体関連企業を中心に減益が見込まれている。

    残り169文字(全文506文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事