週刊エコノミスト Online迫る景気後退 世界経済入門

データで先読み1 半年先取りするOECD景気先行指数=武田淳

     カバー範囲は広く、「先進国クラブ」と言われるOECDの加盟36カ国のみならず、中国やインド、ブラジルなど非加盟の主要新興6カ国も含む。これらを合計するとGDP(国内総生産)ベースで世界全体の85%に上るため、世界経済の動きを示す指標と言える。国際通貨基金(IMF)や世界銀行も年単位で世界経済の成長率を作成しているが、月次で、しかも先行性を持つ指標はOECD景気先行指数くらいしか見当たらない。国・地域別の指数も作成しており、2大経済大国の米国と中国は特に注目するべきであろう。 

    残り624文字(全文865文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事