週刊エコノミスト Online迫る景気後退 世界経済入門

データで先読み1 半年先取りするOECD景気先行指数=武田淳

 カバー範囲は広く、「先進国クラブ」と言われるOECDの加盟36カ国のみならず、中国やインド、ブラジルなど非加盟の主要新興6カ国も含む。これらを合計するとGDP(国内総生産)ベースで世界全体の85%に上るため、世界経済の動きを示す指標と言える。国際通貨基金(IMF)や世界銀行も年単位で世界経済の成長率を作成しているが、月次で、しかも先行性を持つ指標はOECD景気先行指数くらいしか見当たらない。国・地域別の指数も作成しており、2大経済大国の米国と中国は特に注目するべきであろう。 

残り624文字(全文865文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事