週刊エコノミスト Online始まる!働き方改革法

素朴なギモン 年休を取得できない場合は?=梅田和尊

    「仕事が多すぎて年休(年次有給休暇)が取れない」「職場に年休を取れる雰囲気がない」という声を聞く。中には「会社が取らせてくれない」と言う人もいる。しかし年休の取得は労働者の権利であり、会社側は労働者から請求があれば必ず休暇を与えなければならない。「忙しいからダメ」といった理由で年休取得を認めないのは違法だ。6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金という罰則もある。 労働基準法39条は、採用後6カ月間に8割以上出勤した一般労働者に10日以上など、勤続年数に応じて年休日数を規定。パート・アルバイトなど短時間労働者も、年間労働日数などに応じ年休日…

    残り411文字(全文684文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット