マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 景気ウオッチャー調査(4月8日) 2カ月連続の改善となるか=白波瀬康雄

    現状判断DIと景気動向指数(CI一致指数)の推移
    現状判断DIと景気動向指数(CI一致指数)の推移

     4月8日に内閣府から3月の景気ウオッチャー調査が公表される。同調査は、タクシー運転手やスーパー・コンビニの店員など景気の動向を敏感に感じ取れる人たちに、景気の現状や先行きをどうみているかを調査している。日本経済は海外経済の減速を受けて輸出や生産が弱含んでおり、景気後退に陥るリスクが高まっている。

     茂木敏充・経済再生担当相は3月20日、同月の月例経済報告後の記者会見で、景気回復期間について「今年1月に戦後最長を更新した可能性があるとの認識は変わっていない」と述べたが、雲行きが怪しくなってきた。速報性があり、景気への先行性も高いとされる景気ウオッチャーの動向が注目される。

     景気ウオッチャー調査の現状判断DI(季節調整値)は、2018年以降好不況の節目となる50を下回って推移しており、景況感は停滞した状況が続いている。2月は47.5と3カ月ぶりに改善したものの、水準は高くない。

    残り615文字(全文1007文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット