週刊エコノミスト Online迫る景気後退 世界経済入門

Q株価指数で何がわかるか A消費者や経営者の景況感=永浜利広

株価がもたらす影響は多岐にわたる(Bloomberg)
株価がもたらす影響は多岐にわたる(Bloomberg)

市場のさまざまな思惑反映

 株価は、経済のさまざまな面で重要な意味を持つ。企業から見ると、株価の変動は企業の資金調達を左右することから、資金調達行動にも影響を及ぼす。また、家計が保有する株価の変動は、家計の金融資産額に影響を与え、消費支出や住宅投資を通じて国内総生産(GDP)に影響する。

 さらに、株価の変化は消費者や経営者の景況感の変化を通じても経済に影響を及ぼす。何よりも、株価は企業の今後の収益性や成長性に依存することから、取引に際しては将来の期待が価格に反映されやすく、少しの期待の変化で大きく動くことになる。

 また、取引所全体や特定の銘柄群の株価動向を示す株価指数も重要だ。国内外に数多くある指数の中でも日本では「日経平均株価」「東証株価指数(TOPIX)」の二つが注目される。

残り2196文字(全文2539文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事