週刊エコノミスト Online

掃除に洗濯に食事に育児も家事の外注は当たり前=小林知代

    もはや主婦・主夫の牙城ではない (Bloomberg)
    もはや主婦・主夫の牙城ではない (Bloomberg)

     ワシントンDC郊外に住む筆者の周囲では、家事を楽しんでいる人が多い。米国の中流層の家庭では、家事のアウトソーシング(外注)は当たり前になっており、専業主婦でも掃除サービスを利用している。洗濯や育児など特定の家事の外注によって、負担軽減はもちろんのこと、料理など自分でやる家事を楽しむ余裕も出てきて、少ない時間なりに集中して極めようとする気も起きる。だから、家事を楽しんでいるのだ。一方、日本に行くと、家事をする女性たちは、専業・共稼ぎ関係なく疲弊している感がある。この違いはどこから来るのであろうか。

     筆者もよく使う家事サービスは、洗濯の宅配だ。近所のクリーニング店が手がけるサービスで、毎週火・金曜日の午前中にスマートフォンで注文をすると回収にやってきて、夕方までには宅配される。アイロンがけのみなどメニューも豊富だ。洗濯の宅配サービスは、近くアマゾンも参入すると言われているほど人気上昇中だ。

    残り906文字(全文1305文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事