マーケット・金融THE MARKET

東京市場 5Gインフラは今年の本命=藤戸則弘

    (出所)ブルームバーグより編集部作成
    (出所)ブルームバーグより編集部作成

     今年の相場テーマの本命は、「5G関連」と考えている。次世代無線通信の5Gは、現行無線通信の4Gに比較して、容量で約1000倍、通信速度で約100倍という高機能である。具体例を出せば、2時間の映画1本を約1・5~3秒の短時間でダウンロードできる。また、リアルタイムの運用ができることから、車の自動運転化への適用も期待されている。将来性は極めて有望と言えよう。

     ただし、5Gの携帯電話などが本格普及するのはまだ先、との見方が強かった。ところが、通信基地局事業をメインとするノキア(フィンランド)やエリクソン(スウェーデン)の売上高が、2018年10~12月期から急速に伸びていた。話題のファーウェイ(中国)を含めて、こうした大手は5G基地局のネットワーク化にまい進していたのだ。「まだ先」のテーマではなく、予想を超えるスピードで、基地局関連の設備投資が進捗(し…

    残り510文字(全文889文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事