マーケット・金融THE MARKET

NY市場 FRBのハト派化で高まる警戒感=小林正和

     年明け以降、米連邦準備制度理事会(FRB)の引き締め路線からの転換や米中貿易摩擦緩和への期待感から米株式相場の戻りが再び勢いを増し、過熱も冷え込みもしない「適温相場」が再来したかに見えた。しかしFRBは3月19~20日に開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で、利上げ路線を大きく転換し、様子見姿勢を示したことで、一部の市場参加者の間で警戒感が高まっている。

     今回のFOMCでは年内の利上げ見送りと9月末の資産縮小終了が発表されたが、3月20日の米株式市場では金利に敏感な金融株を中心に売られ、米ダウ工業株30種平均は前日比141ドル安で終えた。一方、米債券市場では10年債の利回りが3カ月物を下回る「逆イールド」が発生し、世界景気低迷への懸念が高まった。

    残り170文字(全文499文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット