マーケット・金融THE MARKET

プラチナ 供給不安と割安感で高い=中山修二

     ディーゼル車の排ガス触媒である白金(プラチナ)は、クルマの電動化や消費者のディーゼル離れが需要面の弱さだが相場には織り込まれた。経済減速懸念が強い中国の宝飾需要減退も懸念される。ただ、米中貿易摩擦による中国経済減速が米株価安に結びつき金が買われており、白金もこれと同様の形で、中国経済の先行き不安が買い材料になり得る。

     一方、南アフリカ共和国の白金鉱山は今夏で賃金契約の期限を迎え、労使交渉の難航が見込まれ、鉱山スト発生のリスクが高まっている。AMCU(鉱山労働者・建設組合連合)は賃上げと同時に雇用確保(リストラ反対)を要求する予定で、経営継続に合理化が不可欠な鉱山会社側も譲れない事情があるため、対立の激化は避けられまい。

    残り103文字(全文417文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット