週刊エコノミスト Online迫る景気後退 世界経済入門

Q世界経済をFRBは救うか A「世界中央銀行」になったが利上げ停止では力不足=河野龍太郎

    FRBに年内利下げ見通しまで出始めた(Bloomberg)
    FRBに年内利下げ見通しまで出始めた(Bloomberg)

     現在、グローバル経済では二つの大きな力が綱引きしている。一つは、中国を起点とする貿易を通じた実物経済への負のショック。もう一つは、1月に政策スタンスを変更したFRBの金融緩和効果のインパクトだ。

     前者については、中国の設備投資の冷え込みを起点に昨秋、日本や韓国などの工業国から中国への資本財輸出が急減し、現在、それらの国で設備投資の減速など2次的な悪影響が広がっている。震源地の中国経済の減速が続くため、少なくとも今年前半はグローバル経済の減速が続く見通しだ。

     とはいえ、後者に関し1月のFRBの利上げ中断表明をきっかけにグローバル資本市場に大量の資金が流入し、新興国を中心に金融緩和効果が広がっている。中国経済の減速がもたらすショックを和らげ、グローバル経済の早期回復を期待する人も多い。

    残り2263文字(全文2609文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事