週刊エコノミスト Online迫る景気後退 世界経済入門

アマゾン、アリババ、テンセントの「破壊力」=田中道昭

    アリババ 新型スーパーで先行

     アジア最大規模の電子商取引(EC)事業を展開するアリババグループは、本拠地・杭州にアリババパークを構える。本社、近未来型ホテル、社員の住居などで構成され、キャッシュレス決済を前提としたスマートシティーの様相を呈している。2018年4月にはグループ初の商業施設・「親橙里(チンチェンリー)」がオープンした。

     筆者は3月、同パークを訪れた。親橙里内には最新鋭の生鮮スーパーマーケット「フーマー・フレッシュ」や無人カラオケルーム、キャッシュレス・チケットレスで入れる自動ゲートの映画館など、最新鋭の店舗が入居する。

    残り2233文字(全文2502文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事