週刊エコノミスト Online迫る景気後退 世界経済入門

データで先読み2 輸出受注指数が示唆 世界貿易数量の減少=丸山義正

     世界経済の先行きを占う上で、貿易動向は極めて重要だ。活発な貿易取引はグローバルな需要拡大を示唆し、世界経済の成長加速につながっていく。逆に貿易取引の低迷は世界経済減速、場合によっては景気後退のシグナルになりうる。

     世界貿易の動向を把握するデータとして、オランダの経済分析局(CPB)が各国の貿易データを集計し、月次で公表する世界貿易数量がある。しかし、各国の貿易統計の発表を待つため、公表タイミングが対象月の翌々月の下旬と相当に遅く(1月データであれば3月末ごろ)、速報性に乏しい。

     世界貿易数量が欠く速報性を補完するデータとして、ISL(Institute of Shipping Economics and Logistics)が公表する世界コンテナ数量(RWI/ISL指数)が有用だろう。この指数は、88の港湾のコンテナ処理量を集計したデータであり、世界全体のコンテナ処理量の約6割をカバーする。コンテナ以外の貿易取引は含まれないため網羅性には多少欠けるが、対象月の翌月の下旬…

    残り473文字(全文915文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事