マーケット・金融THE MARKET

東京市場 低迷する自動車、銀行株に光明=三宅一弘

    (出所)ブルームバーグより編集部作成
    (出所)ブルームバーグより編集部作成

     中長期の日本株を占う上で、自動車と銀行の2業種がカギを握るとみられる。TOPIX(東証株価指数)の3月末の33業種分類構成比は第1位の電機に次ぎ、自動車を中核とする輸送用機器が第2位で8・8%、第5位が銀行で7・0%であった。特に自動車産業は日本のお家芸でもあり、電機や機械(ロボット)、化学や鉄鋼、ゴム(タイヤ)など幅広い業種と連携し、裾野が広い分その浮沈が日本の産業界全体に多大な影響を与える。

     先進国で若者世代の車離れなど需要の伸びが減速し、将来的に電気自動車(EV)の台頭が予想される中で、日本の自動車株はバリュエーション(企業価値評価)の水準が切り下がるなど、株式市場で人気が離散する業種になっている。銀行も超低金利環境による利ざや圧縮と貸し出し需要の減退などから長期低迷が続いている。逆にこの2業種が好転となれば日本株に強気ムードが湧くだろう。

    残り477文字(全文856文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット