【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online7月施行 使いこなす!相続法&税

預貯金が払い戻せる! 金融機関で上限150万円 故人の入院代、葬儀費用に=荒木理江

(出所)筆者作成
(出所)筆者作成

 相続が発生すると、相続人が亡くなった人(被相続人)の入院代や葬儀費用の支払いに追われることがある。今回の相続法改正では、そうした当座の資金需要に応えるため、二つの制度が新設された。遺産分割前に相続人が単独で金融機関に対して直接、預貯金の払い戻しを求めることができる「払い戻し制度」と、家庭裁判所の手続きを経る「仮分割の仮処分制度」である。いずれも今年7月1日からスタートする。

 二つの制度が創設された背景には、2016年12月の最高裁決定がある。公平な遺産分割を図るためにこれまでの判例を変更し、被相続人の預貯金が遺産分割の対象に含まれると判断した。しかし、これでは遺産分割が終わるまで、相続人は預貯金の払い戻しができない。遺産分割は原則、相続人すべての合意が必要で、長い時間がかかることも珍しくないため、新たな制度を設けることになった。

残り738文字(全文1108文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月18日号

EV&電池世界戦16 米中欧のEV覇権争いと戦略なき日本の危機 ■野辺 継男18 蓄電池は21世紀の石油 ニーズこそ進化を促す20 インタビュー 只信一生 電池サプライチェーン協議会会長、パナソニックエナジー社長 「蓄電インフラ整備こそ日本の課題」21 米国先制 17州が35年に「脱ガソリン車」 ■ [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事