週刊エコノミスト Online7月施行 使いこなす!相続法&税

預貯金が払い戻せる! 金融機関で上限150万円 故人の入院代、葬儀費用に=荒木理江

    (出所)筆者作成
    (出所)筆者作成

     相続が発生すると、相続人が亡くなった人(被相続人)の入院代や葬儀費用の支払いに追われることがある。今回の相続法改正では、そうした当座の資金需要に応えるため、二つの制度が新設された。遺産分割前に相続人が単独で金融機関に対して直接、預貯金の払い戻しを求めることができる「払い戻し制度」と、家庭裁判所の手続きを経る「仮分割の仮処分制度」である。いずれも今年7月1日からスタートする。

     二つの制度が創設された背景には、2016年12月の最高裁決定がある。公平な遺産分割を図るためにこれまでの判例を変更し、被相続人の預貯金が遺産分割の対象に含まれると判断した。しかし、これでは遺産分割が終わるまで、相続人は預貯金の払い戻しができない。遺産分割は原則、相続人すべての合意が必要で、長い時間がかかることも珍しくないため、新たな制度を設けることになった。

    残り738文字(全文1108文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事