週刊エコノミスト Online7月施行 使いこなす!相続法&税

配偶者居住権の評価法 「平均余命」を評価額に反映 古い物件、年齢若いとメリット小=村田顕吉朗

    ※1 所得税の法定耐用年数×1.5-築年数※2 配偶者の平均余命年数か、配偶者居住権の存続期間の年数(平均余命年数を上限)※3 分子か分母がゼロまたはマイナスになる場合はゼロ※4 民法の法定利率は2020年4月1日より3%。その後3年ごとに見直し(出所)筆者作成
    ※1 所得税の法定耐用年数×1.5-築年数※2 配偶者の平均余命年数か、配偶者居住権の存続期間の年数(平均余命年数を上限)※3 分子か分母がゼロまたはマイナスになる場合はゼロ※4 民法の法定利率は2020年4月1日より3%。その後3年ごとに見直し(出所)筆者作成

     昨年成立した改正相続法の大きなテーマの一つが、配偶者が自宅に住み続けられるようにする「配偶者居住権」の創設だ。2020年4月1日から施行される。これを受け、19年度税制改正大綱では、相続税の計算をする上での配偶者居住権の評価方法が示された。配偶者居住権を利用することで相続税にどのような影響があるのかを検証したい。

     配偶者居住権の評価方法は図の通りとなった。まずは土地や建物をこれまで通り評価し、その評価額を配偶者居住権部分と所有権部分に分けるイメージだ。相続法改正を議論した法制審議会で示されていた方法がそのまま採用された形で、相続した配偶者の「平均余命」を評価額に反映させるなど、相続税の不動産の評価方法としては珍しい手法が取り入れられた。

    残り2266文字(全文2589文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット