週刊エコノミスト Online7月施行 使いこなす!相続法&税

相続税の税務調査 強化の一途たどる国税の「網」=武田秀和

    現金を「隠しやすい」と考える人が後を絶たない(Bloomberg)
    現金を「隠しやすい」と考える人が後を絶たない(Bloomberg)

     相続税の税務調査が強化される傾向にある。税務調査の対象は三つに分かれる。まずは相続財産の評価額の誤りで、土地など申告された評価額に誤りを見つければ是正する。そして、税法の適用の誤り。例えば、土地の評価が8割減額される「小規模宅地等の特例」が適用できないのに、適用して申告したようなケースだ。最後が相続税調査で最も重要な、財産の申告漏れの調査である。

     昨年12月に国税庁が公表した、2017事務年度(17年7月~18年6月)の相続税調査の状況を見てみよう。実地調査の件数は1万2576件で、過去6年間で最も多くなった(図1)。11事務年度以降に大幅に調査件数が減少したのは、調査手続きを厳格化する改正国税通則法が13年1月に施行されたことが影響している。15年1月からの相続増税で申告対象者が増えたこともあり、相続税の税務調査自体は強化されていると考…

    残り1871文字(全文2246文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事