週刊エコノミスト Online7月施行 使いこなす!相続法&税

相続税よりお得? 生前贈与を賢く使う気をつけたいポイント=儘田佳代子

    「相続する子や孫にできるだけ多くの資産を残し、税負担は極力最小限に抑えたい」。節税は相続ではなく贈与(生前贈与)の方が、そのメリットがある場合もある。

     贈与は法律上、契約として扱われる。「贈与者」(贈る人)と「受贈者」(受け取る人)の間で「贈る」「もらう」という合意が必要だ。例えば、孫のために孫名義の口座で積み立てたとしても、孫側に「もらった」という認識がなければ贈与は成立せず、名義借りの預貯金に過ぎない。またもらった人が使える(管理している)状態でなければ贈与とはいえない。贈与が無効となると相続財産に含まれ、相続税が増えることになりかねないのだ。

     贈与税率は通常、相続税率より高い。だがいずれの税にもさまざまな控除があり、数年間にわたって贈与した方が相続より節税となるケースがある。

    残り2450文字(全文2795文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事