週刊エコノミスト Online7月施行 使いこなす!相続法&税

事業承継税制が変わった! 株式の相続・贈与税を全額猶予 10年限定「特例措置」の使い方=北沢淳

     2015年における経営者年齢のピークは66歳であった。つまり、19年には多くの経営者が平均引退年齢である70歳となる。日本経済の根幹を支える多くの中小企業が事業承継の時期を迎えており、次世代経営者への事業承継を加速させるため、18年度税制改正では、事業承継税制について10年間限定の「特例措置」を創設した。18年1月~27年12月末までの生前贈与・相続が対象になる。

     事業承継税制は、経営権の承継など一定の要件を満たす非上場会社のオーナー経営者が、後継者へ自社株式を贈与・相続した際に生じる贈与税・相続税について、後継者が事業を継続する限りその納税を猶予し、後継者が死亡した場合などには猶予した税金を免除するものだ。

    残り1728文字(全文2037文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット