マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 4月の貸出・預金動向(5月14日) 貸し出し鈍化が地銀の課題に=上野剛志

    銀行貸し出しの動向
    銀行貸し出しの動向

     5月14日に日本銀行から4月の貸出・預金動向(速報)が公表される。同統計は銀行や信金などの貸し出しや預金の動向をまとめたものだ。アベノミクス開始以降の状況を振り返ると、2012年12月時点で前年比1.4%だった銀行全体の貸し出しの伸びは、徐々に水準を切り上げ、17年7月には同3.4%に達した。その後は伸びが鈍化し、直近19年3月時点では同2.5%となっている。

     この間の動きを業態別に見た場合、「都銀等」(対象行は図注記に記載)の伸び率が大きく変動しており、銀行貸し出し全体の動向を左右してきた。「都銀等」の貸し出しは大口資金需要の影響を受けやすく、近年はとりわけ大規模なM&A(合併・買収)に絡む資金需要の発生が変動の要因となってきた。

    残り492文字(全文813文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット