マーケット・金融THE MARKET

東京市場 小売り株停滞は長期化濃厚=藤戸則弘

     小売り株のさえない状況が続いている。東証33業種の年初来騰落率(4月末時点)では、小売業はマイナス4・76%とワースト2位に低迷している。TOPIX(東証株価指数)が8・35%の上昇なのに対して劣後が顕著だ。著名なコンビニエンスストア、百貨店株も不振である。その背景には何があるのか。

     第一に、10月に予定されている消費増税や、今春の食品などの値上げによって、消費者心理が冷え込んでいることだ。内閣府発表の消費者態度指数は下落傾向が鮮明化している。2014年4月の消費増税に際しても、消費者態度指数は急落したが、今回も同様な動きだ。日本人には、「清貧」や「倹約は美徳」との価値観が刷り込まれており、増税と聞いただけで財布のひもが締まってしまう。

     第二には構造問題だ。小売業の中でも、コンビニは成長業種との評価が定着してきた。しかし、大手3社の勢力図が完成してしまい、全国津々浦々にまで店舗網が整備された。コンビニの高成長は新規出店による売り上げ増が大きかったが、今や店舗網はスクラップ・アンド・ビルドの時代に入っている。「ロードサイド・ビジネスの限界」が、コンビニ業界にも及んでいる。コンビニを凌駕(りょうが)すると評価されたドラッグストアも、…

    残り347文字(全文870文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット