マーケット・金融THE MARKET

穀物 トウモロコシが強含み=茅野信行

     米国では毎年、トウモロコシの作付けが5月上旬に始まるが、今年は天候が例年と異なる。

    「世界の穀倉」と呼ばれる米中西部では、5月に入ると摂氏25度程度まで気温が上昇するのが普通だが、今年は、年初に米国を襲った強烈な寒波の影響で「クール・アンド・ウエット(低温・多雨)」が長引き、イリノイ州などでは、昨年より5~10度も気温が低い状態が長引いた。

     農作物栽培の際の温度の目安になる「有効積算温度」(ある期間の日平均気温のうち、基準温度を超えた分だけ取り出し合計したもの)の不足は、トウモロコシの作柄にさまざまな悪影響を及ぼす。

    残り177文字(全文438文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット