マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 貿易統計(5月22日) 輸出の減少に歯止めがかかるか=神戸雄堂

    (出所)財務省「貿易統計」
    (出所)財務省「貿易統計」

     5月22日に財務省は4月の貿易統計(速報)を公表する。世界経済の減速を背景に、輸出の減少基調が続いているが、主因となっている中国経済に底打ちの兆しが見られる中で、輸出の減少に歯止めがかかるか注目される。

     2018年度の貿易収支(速報)は、輸出が前年度比1.9%増と17年度(同10.8%増)から鈍化した一方で、輸入が同7.1%増と輸出の伸びを上回った結果、15年度以来3年ぶりの赤字となった。18年度の輸出が鈍化した原因として、自然災害による悪影響や、世界経済の減速が挙げられる。特に後者は、18年末から中国を中心としたアジア向け輸出の減少が顕著になっている。

     3月の貿易統計(速報)によると、輸出は前年同月比2.4%減と4カ月連続のマイナス、輸出数量指数は同5.6%減と5カ月連続のマイナスとなった。特に、中国向けは輸出が前年同月比9.4%減、輸出数量指数が同15.2%減と全体より減少幅が大きくなっており、中国経済の減速が輸出低迷の主因となっている。

    残り374文字(全文802文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット