マーケット・金融THE MARKET

東京市場 増益予想の内需銘柄に投資妙味=隅谷俊夫

     日本の大型連休明け後の日経平均株価は米中貿易摩擦の再燃で急落した。今月10日に米国が対中追加関税第3弾を発動したが、昨年7月6日に第1弾、8月23日に第2弾を発動した後、米ダウ工業株30種平均(NYダウ)はいずれも悪材料出尽くし感から上昇基調に転じた。摩擦は長期化するリスクがあるものの、連休明け後の急落で織り込まれたとみたい。

     連休明け後の急落で目立ったのが、ある欧州系証券の日経平均先物へのまとまった売りだとうわさされる。以…

    残り648文字(全文863文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット