マーケット・金融THE MARKET

東京市場 増益予想の内需銘柄に投資妙味=隅谷俊夫

     日本の大型連休明け後の日経平均株価は米中貿易摩擦の再燃で急落した。今月10日に米国が対中追加関税第3弾を発動したが、昨年7月6日に第1弾、8月23日に第2弾を発動した後、米ダウ工業株30種平均(NYダウ)はいずれも悪材料出尽くし感から上昇基調に転じた。摩擦は長期化するリスクがあるものの、連休明け後の急落で織り込まれたとみたい。

     連休明け後の急落で目立ったのが、ある欧州系証券の日経平均先物へのまとまった売りだとうわさされる。以前からこの証券会社の売買は相場に与える影響が大きいと目されていたが、今回の売りは他の証券会社を寄せ付けず突出していた。それだけに、ごく一握りの市場参加者がレバレッジ(てこ)を利かせて相場に影響を与えようとしているのではないかと思わせた。

    残り530文字(全文863文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月10日号

    中国発世界不況 新型コロナショック20 連鎖する“新型肺炎ショック” 日経平均「1万4000円」も ■岡田 英/浜田 健太郎24 自動車 中国ディーラーの7割「客ゼロ」 ■鈴木 貴元25 ハイテク PC・スマホの期待感しぼむ ■大山 聡26 インバウンド 中国客40万人減が日本の景気冷やす ■横山  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット