週刊エコノミスト Online11兆円市場 介護の勝者

インタビュー 五郎丸徹 学研ココファン社長 教育企業ブランドで信頼構築 サ高住を年15棟ペースで開業

    保育所やファミリー向け住宅を併設させた「多世代共生型」のサ高住も(学研ココファン提供)
    保育所やファミリー向け住宅を併設させた「多世代共生型」のサ高住も(学研ココファン提供)

     サービス付き高齢者向け住宅を中心に介護事業を展開する学研ココファンの五郎丸徹社長に参入経緯や今後の展望を聞いた。

    (聞き手=市川明代・編集部)

     学研ココファンでは現在、全国130カ所で「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」を中心とする介護事業を展開している。親会社の学研が介護分野に参入するきっかけとなったのは、主力事業だった小中学生向け教材の訪問販売を担っていた「学研の訪問スタッフ」からの声だ。「働く母親が増え、会うのが難しくなったが、どの家庭にも高齢者がいる」という。当時探っていた新規事業のヒントになった。2002年に社内ベンチャーを組織し、04年にココファン(現・学研ココファンホールディングス)を創業。06年にサ高住の前身の「高齢者専用賃貸住宅(高専賃)」をスタートさせた。

     安定的な黒字経営に転換するのに10年を要した。11年の「高齢者住まい法」の改正で、高専賃などの三つのサービスを一本化したサ高住が制度化されてしばらくしてからだ。

    残り933文字(全文1358文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事