週刊エコノミスト Online11兆円市場 介護の勝者

信用力 老舗「特養」破綻劇の全貌 「終の住み家」リスク回避法=内藤修

    破綻した大磯恒道会
    破綻した大磯恒道会

     特別養護老人ホーム「恒道園」、グループホーム「かわわの家」など7事業所(定員合計230人)を展開していた社会福祉法人大磯恒道会(神奈川県)は1月16日、東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

     同法人は神奈川県南部の大磯町と二宮町で、他の事業者に先行して40年以上前に事業をスタートさせた。地元住民にとっては、長年にわたり地域の介護・福祉を支えた大きな存在であり続け、2013年3月期には年収入高12億7100万円を計上していた。

     しかし近年は、業績悪化から理事長がたびたび交代。立て直しに努めたものの業況は改善せず、社会福祉法人としては異例の破産となった。なお、利用者保護の観点から、休止した一部施設を除き事業は破産後、別法人に引き継がれた。

    残り2182文字(全文2505文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事