週刊エコノミスト Online11兆円市場 介護の勝者

施設不足のうそ 介護市場の不幸なミスマッチ 過剰な施設と深刻な担い手不足=長岡美代

政令市や中核市でも特別養護老人ホーム(特養)でベッドが埋まらない「空床」が増えている(首都圏の特養。写真と本文は関係ありません)
政令市や中核市でも特別養護老人ホーム(特養)でベッドが埋まらない「空床」が増えている(首都圏の特養。写真と本文は関係ありません)

 特別養護老人ホーム(特養)など、要介護者を受け入れる施設が政令指定都市や中核市で過剰となる事例が目立つ一方で、現場の担い手である介護人材の不足が深刻化し、介護サービスを円滑に進めるための「車の両輪」が空回りしている。

『日本経済新聞』は昨年12月、首都圏だけで特養のベッドが約6000人分も空いているという調査結果を明らかにした。特養の入居待機者は全国約30万人に上り、団塊世代の介護ニーズが高まる「2025年問題」への対応も迫られ、老人ホームの需要拡大が見込まれるにもかかわらず、なぜこのような事態が起きているのか。

 原因の一つに政府による拙速な市場の拡大がある。入居待機者の解消を旗印に、公的な社会福祉法人が運営する特養を増やすとともに、民間による有料老人ホームの開設が相次いだことに加えて、見守りなどのサービスが付いた高齢者向け住宅(サ高住)の建設費にも国費を投入して民間参入を喚起した結果、各地で施設が飽和状態になっているのだ。

残り2226文字(全文2644文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事