週刊エコノミスト Online11兆円市場 介護の勝者

インタビュー 辻哲夫 東京大学高齢社会総合研究機構特任教授 在宅介護支援は「内なる国防」

 これからは、一人暮らしが中心の超高齢社会となる。子供たちが介護の負担を恐れ、親とのかかわりさえ避ける国になってしまわないよう、在宅を基本とする介護支援システムを普及させなければ、内から人倫の基本が乱れかねない。在宅介護支援は「内なる国防」ともいえる。

 今後の超高齢化の過程で、必要な社会保障のために段階的な増税は不可欠だが、需要を正しく抑制するため、加齢によって心身が弱る「フレイル」の予防が大切だ。できる限り、最期まで口から食べられるようにし、施設でなくて住み慣れた家でなれ親しんだ生活を繰り返す。それを支援するのがベストケアだ。認知症の一人暮らしには、小規模多機能型居宅介護が有効だ。症状が進んだら介護の定期巡回をして、病気がちになったら在宅医療と訪問看護でみとりまで可能とする。

 施設では、経済的弱者は望む所に住み替えができないという問題がある。地域そのものを「屋根のない特養(特別養護老人ホーム)」にしてしまえば、誰もが住み続けられる。テクノロジーを併用すればできるはずだ。健康寿命を延ばしつつ、最期まで誰もが安心して心豊かに死を迎えられる社会を作る。そこにはお金をかける、という価値観が必要だ。

残り492文字(全文995文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事