週刊エコノミスト Onlineマンションの悲劇

全国大都市圏リセールバリューランキング 築10年・主要駅別 中部圏=データ提供:東京カンテイ

    データ提供:東京カンテイ
    データ提供:東京カンテイ

    詳しくはこちら

     東京カンテイが2018年に竣工から9~11年が経過した分譲マンションを対象に、新築分譲時と中古流通時の売り出し価格が判明している物件の価格データを、物件カタログなどで最寄り駅として紹介されている駅ごとに集計。「リセールバリュー」(価格維持率、%)は、「中古流通時の価格÷新築分譲時の価格×100」で算出。リセールバリューが「100」を超えると、築10年が経過しても新築分譲時よりも高い価格で流通していることを示す。

     リセールバリューが同値の場合は、小数点第2位以下を参照し順位に反映。集計対象の分譲マンションが10物件未満の駅は除外した。リセールバリューが算出可能な駅は首都圏で630駅、近畿圏は283駅、中部圏は114駅、福岡県は65駅、北海道は32駅、宮城県、広島県は20駅。「平均坪単価」は、集計対象となった分譲マンションについて、駅ごとに新築分譲時と中古流通時の1坪(約3.3平方メートル)当たり価格を平均…

    残り298文字(全文713文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット