週刊エコノミスト Onlineマンションの悲劇

HARUMI FLAG 新築が大量供給される「選手村」 平均坪単価は「300万円割れ」=編集部

    建設が進む晴海フラッグ
    建設が進む晴海フラッグ

     5月下旬の東京湾岸は、吹き抜ける風が心地よい。海の向こうにはレインボーブリッジが見える。東京都中央区晴海では、2020年の東京五輪・パラリンピックの選手村建設が真っ最中。工事車両やクレーンがせわしなく動く。この選手村が今、不動産関係者の大きな注目を集めている。選手村は大会後、巨大なマンション群「HARUMI FLAG」(晴海フラッグ)として生まれ変わるが、7月末からいよいよ分譲マンションの販売が始まるのだ。

     晴海フラッグはタワーマンション2棟、商業施設1棟を含む24棟からなり、22年秋から順次竣工。完成すれば、約1万2000人が暮らす巨大な「街」になる。このうち、分譲マンションは19棟4145戸。首都圏で年間に販売される新築分譲マンションの約1割に相当する規模だ。現在計画中の「バス高速輸送システム」(BRT)では、JR新橋駅まで所要時間は10分程度の見込みと、立地も申し分ない。

    残り1010文字(全文1405文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット