マーケット・金融残る・消える地銀

「増益は不可能」? 減益でも“開き直り”決算=大槻奈那

    (注)第二地銀は含まない。貸出金利回りは貸出利息÷貸出金(平残)、有価証券利回りは有価証券利息配当金÷有価証券残高(平残)で計算(出所)全国銀行協会の資料より筆者作成
    (注)第二地銀は含まない。貸出金利回りは貸出利息÷貸出金(平残)、有価証券利回りは有価証券利息配当金÷有価証券残高(平残)で計算(出所)全国銀行協会の資料より筆者作成

     海外投資家の邦銀離れで銀行アナリストの海外出張が激減している。そんな中、発表された地銀のさえない決算を見て、彼らは頭を抱えただろう。

     貸出金利回りは11年連続で低下。預金金利を差し引いた預貸利ざやを平均0.05%押し下げた。貸出金の増加率は3%台で、名目GDP(国内総生産)の伸びを上回る水準を維持したが、それでも利ざや低下をはね返せなかった。運用利回り低下も加わり、地銀の業務純益の9割を占める資金利益の減少が続いた。

     トップライン(収益)の「入り」が減るなら「出を制する」しかない。ただ、コスト削減は大手行に比べ、人…

    残り963文字(全文1224文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット