マーケット・金融残る・消える地銀

待ったなしの選択 総資産額16兆円が黒字化メド 非上場化や協同組織への道=吉沢亮二

    (注)定義:貸出業務の総合的な収益性=平均貸出利回り−(平均預金利回り+平均預金経費率+直近15年間平均の与信関係費用率)。平均貸出利回り=貸出金利息÷貸出残高、平均預金利回り=預金利息(支払い)÷預金残高、平均預金経費率=営業経費÷預金残高、与信関係費用率は地方銀行業界の直近15年間平均値(出所)「全国銀行財務諸表分析 平成29年度決算」(全国銀行協会)、「金融再生法開示債権の状況等について平成30年3月期」(金融庁)のデータを基に筆者作成
    (注)定義:貸出業務の総合的な収益性=平均貸出利回り−(平均預金利回り+平均預金経費率+直近15年間平均の与信関係費用率)。平均貸出利回り=貸出金利息÷貸出残高、平均預金利回り=預金利息(支払い)÷預金残高、平均預金経費率=営業経費÷預金残高、与信関係費用率は地方銀行業界の直近15年間平均値(出所)「全国銀行財務諸表分析 平成29年度決算」(全国銀行協会)、「金融再生法開示債権の状況等について平成30年3月期」(金融庁)のデータを基に筆者作成

     地方銀行(特段の断りがない限り全国地方銀行協会に加盟する64行)は、実質的に海外業務展開が難しい。また、国内業務の預貸業務が収益の大宗を占めるため、マイナス金利政策導入後の市場金利低下により困窮度合いが深まっている。

     実際、マクロ的にみると地銀の貸出業務は、貸出利息で経費が賄えず、赤字化している。

     図1は、地銀の貸出業務の収益性分析の結果を要因別に示したものである(全国銀行協会の直近公表値を基に分析したため、2018年3月期の加重平均値)。データは、貸出利回りから、収益にマイナスに働く支出要因を加味すると、18年3月期の地銀の貸出業務の総合的な収益性はマイナス0.07%、つまりは赤字になることを示している。

     この分析における支出要因としては、(1)預金利回り、(2)預金経費率、(3)与信関係費用率の18年…

    残り1748文字(全文2106文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット