マーケット・金融残る・消える地銀

預入限度額が倍増 ゆうちょの潜在的脅威=野崎浩成

     民業圧迫の批判を受けながらも、この4月からゆうちょ銀行の預け入れ限度額が従来の倍となる2600万円となった。全国銀行協会などからなる「郵政民営化を考える民間金融機関の会」が、限度額引き上げによる地域金融機関からの預金流出リスクを昨年表明、銀行の資金繰りに与える影響を懸念する声も大きい。

     確かに、預貯金シェア(図)が示す通り、限度額引き上げ以前の段階でも巨大シェアを抱えるゆうちょ銀行の存在感は大きい。業務委託を行っている郵便局を含めれば、2万4000を超える稠密(ちゅうみつ)なネットワークが脅威であることは事実である。

     こうした懸念は理解できるものの、実際のところ短期的な影響は軽微と見ていいだろう。日本銀行月次統計に…

    残り948文字(全文1260文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット