週刊エコノミスト Onlineみんな空き家で悩んでる

ケーススタディー 空き家の法的リスク 「所有者責任」で多額の損害賠償=吉田修平

     空き家が長い間放置されると、隣接する家や住民、通行人などに対してさまざまな被害を及ぼす可能性がある。被害が出た場合、所有者は、基本的には、損害賠償責任が問われることになる。民法717条1項・3項は「土地の工作物(建物や塀など)等の占有者及び所有者の責任」を定める。それによると、土地の所有者は、その土地の上に所有している建物や塀などの設置や保存に瑕疵(かし)(欠陥のこと)があり、それにより他人に損害を生じさせた場合は、損害を賠償しなければならない。 もし「土地の工作物」に他の占有者がいれば、1次的にはその占有者が責任を負う。ただし、占有者が損害発生防止のために必要な注意義務を果たした時は、所有者が損害を賠償しなければならない。また、占有者とは異なり、所有者は過失がなくとも損害賠償責任を負う。ただ、現実的には空き家には占有者がいないケースがほとんどだ。以下では、空き家が、他者に損害を及ぼした場合の所有者の責任について、判例や想定ケースを検討してみよう。

    残り2174文字(全文2605文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット