週刊エコノミスト Online地域と歩む第90回都市対抗野球

日本野球連盟 谷田部和彦・専務理事(元たくぎん投手) 「引退後こそ真価が問われる」

     私が北海道拓殖銀行に入社した頃は、新日鉄室蘭、大昭和製紙、王子製紙苫小牧、電電北海道と「5強」で本大会の2枠を争っていた。入社の年に本大会出場が決まり、先輩たちが泣いている姿を見て驚いたが、翌年勝てず、2年後に勝ったとき、先輩たちの涙の意味がわかった。

     当時は大会前後に必ず、本店の従業員300人の前であいさつをした。予選で負けたときは「本大会に出られませんでした。応援ありがとうございました」と頭を下げる。選手たちは本業にも力を入れていたが、それでも「好きな野球ばかりやってるのに勝てねえのか」と冷たい視線も浴びた。今はあの頃以上に、野球部に対する会社の目は厳しいだろう。「勝って当たり前」という環境の中で、選手たちは戦っている。

     野球部引退後、再び部に戻ってマネジャーを務め、日本野球連盟に出向中に休部が発表された。前後して、大昭和製紙北海道や熊谷組をはじめとする歴史ある古豪チームが姿を消した。企業の栄枯盛衰であって、やむを得ないこととはいえ、OBにとっても寂しいものだ。

    残り620文字(全文1060文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事