週刊エコノミスト Online地域と歩む第90回都市対抗野球

インタビュー 球界のご意見番 張本勲 「最後まで続くのは都市対抗だと思う」

     私は、プロ野球よりも最後まで続くのは都市対抗野球だと真剣に思っています。各都市を代表して、プロに限りなく近い高いレベルの野球を競うわけですから、出場する地元の企業、市民は応援しますよ。逆に、プロ野球は今の年俸の高さやいい選手が米メジャーに流出する状況を考えれば、持続不可能です。

     今は、本大会は東京ドームで開催していますが、たとえば全国各地区で予選を戦い、ある年は東京で、次の年は仙台で、また次の年は広島と、本大会の開催地を変えれば、もっと盛り上がりますよ。プロ野球の世界で生きてきた私ですが、そういう都市対抗の展開にこそ、野球の生きる道があると考えています。

    残り1161文字(全文1442文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事