週刊エコノミスト Online地域と歩む第90回都市対抗野球

インタビュー 球界のご意見番 張本勲 「最後まで続くのは都市対抗だと思う」

     私は、プロ野球よりも最後まで続くのは都市対抗野球だと真剣に思っています。各都市を代表して、プロに限りなく近い高いレベルの野球を競うわけですから、出場する地元の企業、市民は応援しますよ。逆に、プロ野球は今の年俸の高さやいい選手が米メジャーに流出する状況を考えれば、持続不可能です。

     今は、本大会は東京ドームで開催していますが、たとえば全国各地区で予選を戦い、ある年は東京で、次の年は仙台で、また次の年は広島と、本大会の開催地を変えれば、もっと盛り上がりますよ。プロ野球の世界で生きてきた私ですが、そういう都市対抗の展開にこそ、野球の生きる道があると考えています。

     今のプロ野球を見ていて、つくづくそう感じます。年俸は高騰する一方で、私が知っている球団トップは「球団を手放したい」と言っていますよ。さらに、大谷翔平(エンゼルス)はじめ超一流の選手は全部、米メジャーに持っていかれてしまう。主役がいない映画を誰が見ますか。日本のプロ野球が米国のファーム(2軍)にされようとしています。こんな状況では、ファンは離れますよ。

     高校を卒業してプロ入りした私からすると、社会人野球を経験してきた人たちは、みんな大人だと感じました。巨人のエースだった藤田元司さんや、大洋(現DNA)のエースだった平松政次さんら、同じ時期にプロでプレーした社会人出身のすごい選手を私はたくさん知っています。

    残り855文字(全文1442文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット