テクノロジーファーウェイ大解剖

ハイテク企業直撃 サプライチェーンに悪循環 口先だけの米制裁緩和=津村明宏

    米国の中国制裁はZTEから本格化した(Bloomberg)
    米国の中国制裁はZTEから本格化した(Bloomberg)

    「ファーウェイに米国製品を今後も販売できるようにしていきたい」

     20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)で、6月29日に中国の習近平主席と会談した米国のトランプ大統領は、会談後の会見でこう述べ、ファーウェイへの禁輸措置を緩和する考えを示した。

     また、スマートフォン(スマホ)や薄型テレビなどが対象に含まれていた3000億ドル(約32兆円)分の追加関税について「当面は引き上げない」、そして一部で輸出を禁じていた半導体製造装置などについても「安全保障上の問題がない装備・設備などを販売していい」と述べた。

     これにより当面、世界のハイテク業界が直面していたリスクが回避できる公算が大きくなった。だが、どこまで回避されるかはわからない。そこで、米国企業との取引を禁止するというトランプ大統領による「ファーウェイ・ショック」が関係業界にいかに衝撃的だったかを振り返っておこう。

    残り2878文字(全文3264文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット