テクノロジー

NEWS 電子部品材料の輸出規制 韓国「徴用工」への強気カード 高機能品限定の落としどころ=津村明宏/編集部

「物別れ」の直後に(安倍首相〈中央〉の前を歩く韓国の文在寅大統領〈右〉6月28日のG20首脳会議)
「物別れ」の直後に(安倍首相〈中央〉の前を歩く韓国の文在寅大統領〈右〉6月28日のG20首脳会議)

 政府は7月1日、韓国に対する有機ELディスプレー・半導体材料の輸出管理手続きを厳格化することを発表した。対象は、有機ELディスプレーの絶縁材料であるフッ化ポリイミド、半導体ウエハーに回路パターンを転写するレジスト(感光剤)、半導体回路を形成するエッチングガス(フッ化水素)の3品目。複数製品の輸出手続きをまとめて申請できる優遇措置があったが、7月4日から措置の対象外とする。これにより、3品目は契約ごとに政府の許可・審査を受けることになる。

 ただ、3品目に該当していても、厳格化措置が取られるのは一部の高機能品に限られそうだ。たとえばフッ化ポリイミドは、ディスプレー用途がテレビなのかスマートフォンなのか、あるいは、ディスプレーが折りたたみ可能か否かで性能が異なる。今回手続きが厳格化されるのは、折りたたみ可能なスマホや巻き取りができるテレビの有機EL向けとみられる。

残り882文字(全文1267文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事