経済・企業俺の転職 わたしの副業

異業種転職 成功のポイント 自分を知り相手を知る 肩書や実績を捨てる勇気=武元康明

    「人生100年時代」には転職が当たり前になる日も
    「人生100年時代」には転職が当たり前になる日も

    「人生100年時代」には、これまでより就業年数が長くなり、一つの会社や同じ業界で黙々と働き続けるということは考えにくい。企業側も国際競争にさらされ、日本企業の「強さ」の源泉だった終身雇用制度を維持する体力がなくなっている。いくつもの会社を渡り歩くスタイルが当たり前になるだろう。これからの時代は、異業種でも転職できる力が問われていくと考える。

     意外に思われるかもしれないが、実は同業種、同職種への転職は注意が必要だ。どの企業でも固有のやり方があるが、実績や成果を上げていた人ほど、前職でのやり方を持ち込む傾向がある。「前の会社ではこうだったのに、周りが協力してくれない」などと言い出せば孤立し、やがて居づらくなる。

    残り2130文字(全文2437文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事