経済・企業俺の転職 わたしの副業

会社を買う選択肢 後継者難企業のオーナーに 個人M&Aが変える後半人生=嶺竜一

    (出所)帝国データバンク
    (出所)帝国データバンク

     サラリーマンが中小企業を購入し、オーナー社長に転身する。転職でもない、起業でもない、会社を買って事業を継ぐ選択肢が注目されている。

     現在、日本には中小企業がおよそ410万社存在するが、そのうち127万社が10年以内に廃業し、650万人の雇用が失われるといわれている。大廃業時代の到来である。その理由は世界の産業構造の変化と、深刻な後継者不足だ。

     中小企業の社長の6割が後継者不足に悩んでいる。中小企業の9割が家族経営だが、経営者の子どもがあとを継ぎたがらない。東京の大企業に勤めている、または、外国に留学に行ったきり海外に住んでいる子どもが、その生活を捨ててまで親の会社を継ごうとはしないのだ。

    残り2113文字(全文2411文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット