マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 消費増税後の追加経済対策を注視=隅谷俊夫

(出所)ブルームバーグより編集部作成
(出所)ブルームバーグより編集部作成

 今月21日に参議院選挙が行われる。争点の一つが年金問題で、「老後に2000万円必要」とした金融庁の報告書がマスコミに取り上げられてから、将来の資産形成に向けた個別の相談会やセミナーが増えていると聞く。

 将来の資産形成には日本株に対する長期の継続(積み立て)投資が必須で、しかもその開始時期が重要になる。

 長期継続投資は、(1)株価の下落余地が比較的小さい時、(2)株価の調整が長引いている時に低コストの積み立ての妙味がある。つまり積立期間に株価が低迷し続けても、近い将来に上昇すれば、一気に低コストで積み立てた果実が得られる。

残り582文字(全文846文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事