経済・企業俺の転職 わたしの副業

データで見るミドルの転職 賃金減っても満足度は高い 2030年には130万人台も=編集部

    (出所)総務省「労働力調査」(2018年)
    (出所)総務省「労働力調査」(2018年)

     転職市場が活況だ。総務省の「労働力調査」によると、転職者数はリーマン・ショック後の2010年に底を打った後、8年連続で増加が続いている(図1)。終身雇用が根強かった日本では、これまで転職は専門技術者や若年層といった一部の人に限られていたが、ひとつの組織に依存せず転職に動く人が増加している。企業がスピードを増す技術革新、事業の国際化といった変化に対応しなければ生き残れなくなるため、人材確保を急いでいるという背景がある。

     ベンチャー企業の立ち上げも続き、やる気のある若手起業家を支えるベテラン人材としての役割も台頭している。厚生労働省の「転職者実態調査」によると、若手の育成や取引先との交渉といった、経験やノウハウを持つ人材には厚い関心が寄せられてる(図2)。

    残り399文字(全文730文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事