経済・企業俺の転職 わたしの副業

家族の反対押し切り早期退職 「寄業」の予定がイチから営業

     早期退職制度を利用して、起業した人もいる。

     ソニーのエンジニアだった国井政夫さん(51、仮名)は4年前、早期退職制度を使って47歳で退職した。映像システム機器の設計の仕事をしていたが、11年に販売会社に出向。その間に戻りたいと思っていた古巣の部署がなくなった。

     販売会社では営業を4年間経験し手応えを感じており、「やりたい仕事ができないのなら独立しよう」と考えるようになった。

     だが、家族は猛反対。課長の役職定年は52歳で、その後は給料が毎年下がっていくと説明しても「大騒ぎだった」。独立した方が定年がないので長く働ける分、生涯賃金は高くなるという試算を出して説得した。軌道に乗らなければ再就職することを約束し、ようやく理解が得られた。

    残り474文字(全文793文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット