週刊エコノミスト Online

浅野純平 森未来代表 ネットの木材取引で地方を元気に

    撮影=武市公孝
    撮影=武市公孝

     木材の「売り手」と「買い手」をつなげるインターネット木材市場「eTREE(イーツリー)」を開設。国内初の全国の木材業者をつなげるプラットフォームとして、木材の流通に新たな道を開く。

    (聞き手=藤枝克治・本誌編集長/構成=加藤結花・編集部)

    「eTREE」は木材に特化したEC(電子商取引)サイトで、製材所や材木店が所有する木材を集約。注文を受けて柱1本、板1枚から全国へ届けています。取り扱う樹種は国産のスギやヒノキから海外産のチークやウォールナットなど約30種で、建築材、一枚板、端材などのカテゴリーの中から、豊富な写真付きの説明文を見て選ぶことができます。取引が成立した場合には、出店業者さんから販売手数料として15~30%をいただきます。

     現実の木材の取引では、市場の開催は月2回ほどで、買い手はその地域の業者に限定されます。オンラインのeTREEなら365日売買ができ、買い手も地域を選びません。また、市場では売れ残ると処分価格で取引されてしまいますが、eTREEは木材を必要とする人とマッチングすることが可能なため、適正価格で取引することができます。 

    残り1186文字(全文1666文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット