週刊エコノミスト Online

混迷続く大学入試改革 繰り返し・先送りのツケ

     大学入試センター試験に代わる「大学入学共通テスト」。その一環として導入される英語の民間試験の開始まであと8カ月しかないにもかかわらず、TOEICが途中離脱したことは受験生や関係者に大きな不安を与えている。6月に研究者グループが行った民間試験の利用中止を求める国会請願に元入試センター副所長が名を連ねたり、7月には全国高等学校長協会が不安の解消を求める異例の要望書を文部科学省に提出するなど、混迷は深ま…

    残り302文字(全文503文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット