マーケット・金融THE MARKET

東京市場 小売りや外食、選別投資が重要に=藤戸則弘

    (出所)ブルームバーグより編集部作成
    (出所)ブルームバーグより編集部作成

     小売り株にとって消費増税は大敵であり、10月の増税を控え株価もさえないものが多い。消費者マインドを的確に表す消費者態度指数は、2017年11月の44・9をピークに、今年6月には38・7まで下がり下落トレンドが鮮明だ。当然ながら、大手百貨店やスーパーの株価は低迷し、東証株価指数を大幅に下回っている。しかし、厳しい展開の中でも、優れたビジネスモデルを持った企業や、創意工夫をこらした企業の株価は堅調である。専門店の好調組として「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングやニトリホールディングス(HD)が挙げられる。

     ファーストリテイリングは、ZARAを展開するスペインのインドゥストリアや、スウェーデンのH&M(へ…

    残り541文字(全文849文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月4日号

    AIチップで沸騰!半導体第1部 世界の開発最先端14 GAFAも開発に乗り出す AIチップの8兆円市場 ■津田 建二/編集部18 Q&Aで分かる AIチップ ■編集部/監修=本村 真人21 インタビュー ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP) 山本達夫 社長「推論用AIチップのコア開 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット