【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

マーケット・金融THE MARKET

東京市場 小売りや外食、選別投資が重要に=藤戸則弘

(出所)ブルームバーグより編集部作成
(出所)ブルームバーグより編集部作成

 小売り株にとって消費増税は大敵であり、10月の増税を控え株価もさえないものが多い。消費者マインドを的確に表す消費者態度指数は、2017年11月の44・9をピークに、今年6月には38・7まで下がり下落トレンドが鮮明だ。当然ながら、大手百貨店やスーパーの株価は低迷し、東証株価指数を大幅に下回っている。しかし、厳しい展開の中でも、優れたビジネスモデルを持った企業や、創意工夫をこらした企業の株価は堅調である。専門店の好調組として「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングやニトリホールディングス(HD)が挙げられる。

 ファーストリテイリングは、ZARAを展開するスペインのインドゥストリアや、スウェーデンのH&M(へネス&マウリッツ)といった世界企業をライバルにしながらも好調を持続している。国内は飽和状態から鈍化しているが、中国本土、香港、台湾を含めた「大中華圏」が成長のけん引役になっている。

残り451文字(全文849文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月20日号

日本経済総予測2023第1部16 GDP成長率はG7中トップ 「眠れる美女」の覚醒に期待 ■谷道 健太/和田 肇19 インタビュー 竹増貞信 ローソン社長 「売上高はコロナ前を回復 冷凍食品や総菜の比率が上昇」20 個人消費 サービス中心に回復続く ■永浜 利広21 古くて新しい消費 家計防衛でコメ [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事