マーケット・金融THE MARKET

穀物 市場は作柄悪化を懸念=柴田明夫

 シカゴ穀物価格は、産地の天候改善を背景に7月に入り騰勢が一服。トウモロコシは1ブッシェル=4ドル近辺まで値を下げ、大豆は節目の同9ドルを割り込んだ。米農務省の7月需給報告では、2019年のトウモロコシの作付面積、単収(10アール当たりの基準収穫量)、生産量、期末在庫量が、いずれも市場予想を上回り、前月予想から上方修正された。

 ただ、市場には、半世紀ぶりの作付け遅延となった影響が根強く残る。米農務省によれば7月21日時点のトウモロコシの「絹糸抽出(絹糸状の雌花が穂から出る)」状況は、主要18州で35%にとどまり過去5年平均の66%を大幅に下回る。特に全作付面積の25%強を占めるイリノイ、インディアナ、オハイオ、サウスダコタ各州の遅れが目立つ。平年は7月上旬の受粉期が7月末~8月上旬にずれ込み、高温乾燥天候に見舞われると…

残り81文字(全文445文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事