週刊エコノミスト Online世界景気の終わり

ブレグジット 確度高まる「合意なき離脱」 解散総選挙も視野に=川瀬良美

    (注)※1は下院の2分の1以上の賛成が必要。※2は下院の3分の2以上の賛成を得るか、または不信任案可決後14日以内に新内閣を組閣できなかった場合。※3は下院の承認を得る事が条件 (出所)大和証券作成
    (注)※1は下院の2分の1以上の賛成が必要。※2は下院の3分の2以上の賛成を得るか、または不信任案可決後14日以内に新内閣を組閣できなかった場合。※3は下院の承認を得る事が条件 (出所)大和証券作成

     英国の与党保守党党首選挙では、事前の見立て通りジョンソン前外相が党首に選出され、新首相に就任した。同首相は「何があっても10月31日に離脱する」との主張を一貫して強調し、保守党員からの絶大な支持を得た。

     同首相は、欧州連合(EU)との再交渉を行うとしているが、EU側はこれを拒絶している。また、最大の懸案事項は2020年12月末までの離脱移行期間中、英国が国境管理の具体策を提示できなかった場合に導入されるバックストップ案(安全策)だ。同首相はバックストップ案の修正妥協案の可能性を排除しているが、このままでは議会の承認を得るのは難しい。加えて離脱期限の延長可能性も完全否定しているため、「合意なき離脱」の可能性は、いよいよ現実味を帯びてきたと言えよう。

     一方、7月18日に新設された非政府組織の代替措置委員会は、バックストップ案の代替措置に関する報告書…

    残り679文字(全文1057文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット