マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 4~6月期GDP(8月9日) 外需寄与度マイナスで成長鈍化=神戸雄堂

(出所)内閣府「四半期別GDP速報」
(出所)内閣府「四半期別GDP速報」

 8月9日に、内閣府は2019年4~6月期のGDP(国内総生産)(1次速報)を公表する。1~3月期の実質GDPは成長率こそ高かったが、外需寄与度が大きく、内需は力強さを欠いた。4~6月期は外需寄与度がマイナスに転じ、成長率が鈍化するだろう。

 18年は天候不順や自然災害の影響で、四半期ごとにマイナスとプラス成長を繰り返したが、19年1~3月期は前期比0.6%(年率2.2%)と18年10~12月期に続いて潜在成長率を上回る高い成長となった。しかし、1~3月期は内需の柱である民間消費が前期比マイナス0.1%、設備投資は同0.3%と低迷し、高い成長率の主因が内需の弱さを反映した輸入の減少や在庫の積み上がりによるもので、内容は悪かった。

 4~6月期は外需寄与度がマイナスに転じるだろう。直近の貿易統計によると、4~6月期の輸出(季節調整値)が前期比マイナス0.1%、輸入が前期比1.4%と輸入が輸出の伸びを上回った。輸出は中国向けや半導体等電子部品などを中心に前年比マイナスが続いており、米中貿易戦争の激化やIT関連需要の一段の落ち込みで回復が遅れている。

残り326文字(全文803文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事