週刊エコノミスト Online世界景気の終わり

減速局面の為替 世界緩和競争で縮まる金利差 対ユーロ、豪ドルでより円高に=内田稔

クロス円でより円高警戒が必要だ(Bloomberg)
クロス円でより円高警戒が必要だ(Bloomberg)

 国際通貨基金(IMF)は7月23日に発表した世界経済見通しで、2019年の実質経済成長率を3・2%、20年を3・5%と前回4月よりもそれぞれ0・1%ポイントずつ引き下げた。下方修正は、昨年10月以降4四半期連続だ。世界の貿易量の伸びを前年比0・9%ポイント減と大幅に引き下げたことが大きい。米トランプ政権が強める保護主義は、米中貿易摩擦の長期化と先鋭化のリスクを高め、世界経済の成長にとって脅威となっている。

 加えて、英国ではジョンソン首相誕生により、合意なき英国の欧州連合(EU)離脱リスクがくすぶる。不安定化するイラン情勢と合わせ、地政学リスクが意識され、世界経済の減速感が強まる可能性が高い。それに伴い各中央銀行の金融政策は、ハト派寄りへとシフトしつつあり、欧州中央銀行(ECB)は利下げや量的緩和の再開を示唆し、米連邦準備制度理事会(FRB)も約10年半ぶりの利下げに踏み切る。他の中銀も追随するとみ…

残り1529文字(全文1934文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事